性病で定番の感染症|優秀なレボリューションでフィラリア症を予防していこう!

優秀なレボリューションでフィラリア症を予防していこう!

性病で定番の感染症

ピンクの薬

性感染症には「淋病」とよばれるものと「クラミジア」とよばれるものがありますが、この違いって知ってますか?
おそらくこの違いを100%理解している人はなかなかいないのではないでしょうか。
基本的に両方とも実際に体に起こる症状としてはほとんど変わりませんので、ある意味違いがわからないのも仕方ないといえます。

まず簡単にその違いを説明しておくと、淋病とクラミジアは「菌の種類」が異なります。
厳密にいうと淋病は主に淋菌といわれるもので、クラミジアはクラミジア・トラコマティスという菌による感染です。
そして淋病については薬剤耐性をもつ場合もあり、クラミジアよりも治療するのに時間がかかる場合があります。

ではもしも淋病やクラミジアに感染したらどうなってしまうのか?
まず男性の場合はどちらにしても尿道に炎症を起こしてしまいます。
場所が場所なだけに、おしっこをするたびに激痛を感じることになるでしょう。
そのため一度淋病やクラミジアに感染されてしまったら我慢できなくなると思います。
また女性の場合は子宮頸管と卵巣に炎症を起こします。
このまま炎症状態がずっと続くと新生児肺炎や結膜炎といった症状を生まれてくる赤ちゃんに及ぼすことになるので、これはなんとかしなければいけません。

じゃあその際にどんな治療方法を用いればいいのか?
治療方法についても淋病とクラミジアでそこまで大きな変化はありません。
ただ淋病の場合は抗生物質が効かないパターンもあります。
その際は注射や点滴を受けることになるでしょう。
そして治療が完了したとしてもそこから1ヵ月くらいは様子を見続けた方がおすすめです。