優秀なレボリューションでフィラリア症を予防していこう!

葉っぱの上の薬

猫もじつはなります

カラフルな薬

あなたの愛猫がもしかすると気づかないうちに危険な状態にさらされているかもしれない!
ということで、今あなたに一番気をつけてほしい病気をひとつここで紹介したいと思います。

その名も「フィラリア症」です。

このフィラリア症は一般的には犬が中心となってよく患う病気なんですが、たまに猫にもフィラリア症がみられるようになりました。
フィラリアというのは犬糸状虫とよばれるもので、ペットの体内に入りそこでずっと生活します。
糸状の形をしており、最終的には血管のなかを好きなように動き回り、最後には心臓でたくさんの卵を産むようになります。
そこまで深刻化すると当然感染した犬や猫は帰らぬペットとなるので、飼い主としては十分に注意を払う必要があります。

もしフィラリア症の心配を感じている人は、一度検査をしてもらった方がいいでしょう。
検査では抗原検査とよばれるものや抗体検査を主に実施してもらいます。
抗原検査は体内にメスの成虫フィラリアが3匹以上いる場合検知できますが、それ以下だといないという結果が出るのでそこは注意してください。
また抗体検査に関してもフィラリアの存在は確認できますが、幼虫や未成熟な成虫がいる証明ができないのでこれも100%いい結果を出すことは難しいでしょう。
ただ余裕があればやらないよりかはやった方がいいと思います。

ちなみにフィラリア症は今「レボリューション」という薬でしっかり予防できるようになっています。
レボリューションには犬用だけではなく猫用にも売られるようになったので、猫を飼ってる人は一度レボリューションを手に取ってみてください。

黄色の薬

記事一覧

「優秀なレボリューションでフィラリア症を予防していこう!」の記事一覧です。